斗掻棒


Warning: Parameter 1 to Cite::clearState() expected to be a reference, value given in /home/ekikara1h/www/eki1/himorogiweb/wiki/includes/Hooks.php on line 201
提供: HIMOROGI文化財Wiki
移動先: 案内検索

名称[編集]

斗掻棒(とかきぼう)

斗掻棒(とかきぼう)
径8.7cm×長42.8cm


概要[編集]

斗桝で穀類などを量る時、盛り上がった部分を平らに掻き均すために使う棒。






別名[編集]

  • トカキ
  • マスカキ
  • マスカキボウ

よもやま話[編集]

 江戸時代に年貢米を収める時、役人がトマスに米を入れて、斗掻棒で、をコンコンと2回たたいて、量っている。
 無意識にたたいているのか、計算でたたいているのかわからないが、農民にとっては、死活問題である。
 江戸時代の武士の苦肉の政策だったのかもしれないが、今の言葉で言うと、弦桝を使うのと同じぐらい「せこい」。

広実敏彦 (トーク)

関連項目[編集]